柑橘の花は満開

柑橘栽培の現場

1週間に一度以上のブログ更新を目指していましたが、
 またまた空白ができてしまいました(汗)
はや5月も中旬、今年はどの品種も花が多く満開時には柑橘の花の香りが心地良いです。
今は満開のピークは過ぎて小さな玉がついています。


4月17日の撮影です。清見の蕾です。


4月26日の撮影。これは甘夏ですね。今年はどの品種もたくさん花をつけています。

5月5日の撮影。デコポンだろうか。

先日園地の草刈りをしているとマムシが出てきてギョッとしましたが、
マムシはすでに草刈り機のナイロンコードでしばかれていてぐったりしていました。
このマムシは偶然ナイロンコードにしばかれたのですが、マムシの場合は発見したら殺すことにしています。
他のヘビは見逃すのですが、マムシばかりは咬まれると大変なので見逃すわけにはいきません。
マムシは大人しいヘビで自分からは襲ってこないそうで、毒がなければ殺さないのですが。。。

気がついたら草刈り機のナイロンコードにしばかれていました。目立つ外傷はないようですが、ぐったりしています。

マムシは胴体の小判型の文様で識別できます。



しばらくするとトグロをまいた。まだ生きています。


除草剤を使っての裸地の園地であればマムシの発見も早いし、
というか、そもそも隠れる場所のない裸地の園地にはマムシも出没しないのですが、
草生栽培の園地ではマムシの棲息が怖いですね。
私の園地では除草剤は使わず草刈り機で草の処理をしています。
雑草は害をするばかりではないからです。

タイトルとURLをコピーしました