珍しい蜘蛛(クモ)

佐田岬半島の自然

なんとも奇妙な蜘蛛(クモ)を発見しました。
糸にぶらさがっているので、
脚が取れた蜘蛛の死骸か?と思ったのだが・・・・。
 

 

その死骸が突然脚を開いて動き出したのでギョッとしました。
スルスルと昇って樹の枝へ移動した蜘蛛。

その後、毎日同じ場所にいます。
枝に止まっていますが、脚を収納した状態は、とても蜘蛛には見えません。
糸を張った蜘蛛の巣が近くに見当たらないので、
あの状態で獲物を待っているのだろうと思います。

まさかカマキリの卵に擬態している??  あ、それはないな。


 
とても蜘蛛には見えん。大きさは2センチくらい。

 

小枝でつついたら、一瞬にこんな姿になります。

 
蜘蛛かと思ったが、ひょっとして蟹?? 

 
この蜘蛛はなんという名前か、どういう生態なのか、気になって調べてみましたが、わかりません。
ネット上でこの蜘蛛を見つけることができませんでした。

近くに蜘蛛の卵らしきものがあって、この卵の主はあの蜘蛛じゃないだろうか。
一般的に蜘蛛は益虫なので、毒蜘蛛でなけれ問題ないのですが。

 

タイトルとURLをコピーしました