ヒヨドリの被害 12/21

柑橘栽培の現場

はるみの収穫がやっと終わりました。
例年だと清見のサンテかけは終わっているのですが、今年はサンテの品不足や雨が多い等で、サンテかけの終わっていない清見園地があります。
はるみの収穫に追われて、清見園地の被害確認をしていませんでしたが、
清見園地に行ってみると、着色のよい、見るからに美味しそうな清見をクチバシで穴を開けていました。
これには腹が立ちますね。
このままサンテかけをしないと被害果は増える一方なので、急いでサンテかけを終了させる必要があります。
ところで、ヒヨドリのオドシに爆竹を鳴らそうと、ネットで爆竹を購入して、
蚊取り線香に爆竹をつけて、10分~15分間隔で時限式に爆竹を鳴らす方法を試みてみましたが、
なんと爆竹の不発弾があまりに多くて実用になりませんでした。
半分以上の爆竹が不発です。火が導火線を伝って筒の内部にまで入りますが、爆発せず、筒から火花が吹き出んですね(笑)。中国製の爆竹ですが、これぞチャイナクォリテの本領発揮ですね。
下の写真は清見の被害果です。


清見被害果1
清見被害果2

タイトルとURLをコピーしました