デコポンの収穫 1/12

きょうから、いよいよデコポンの収穫を始めました。時期的にもう少し樹に成らしておいてもいいのですが、タヌキの食害のため、きょうから採り始めました。
大きな被害というほどではないですが、少しずつ、タヌキがデコポンを食べています。タヌキの姿は見ていませんが、食べ跡を見ると、タヌキでしょう。
ヒヨドリの食害もありますが、幸い、今年は少ないようです。
やっと収穫という時期になって、タヌキやヒヨドリにやられのはホント腹が立ちます。

タヌキ食害1
タヌキが食い散らかした跡、タヌキは皮をはいで食べるんですね。

ヒヨ食害1サンテの下側の隙間からヒヨドリがクチバシで突いていますね。

ヒヨ食害2サンテをはぐと、こんな感じでやられていました。

デコ1
果形もよく、なかなか良好なデコポンです。
樹に成った柑橘をうまく撮影するのは、難しいですね。肉眼で見たように映りません。果皮の表面が、やけに反射して白く飛んでいます。直射日光が当たっているわけでもないのに、どう撮影しても果皮が反射で白くなります。

デココンテナ
デコポンというと、上部の凸が特徴ですが、露地栽培では凸の出現が小さい、またはほとんどないデコポンが多いです。樹勢も影響しているようですが、それより花芽の時期の気温差が大きいと凸が出るらしいです。施設栽培だと100パーセント凸が出るようです。

タイトルとURLをコピーしました