清見の選果 4/19

柑橘栽培の現場

私の地方ではいろいろな中晩柑を生産していますが、
清見タンゴールが最後の収穫、出荷の中晩柑になります。
清見の収穫を終え、倉庫で選果をして農協に出荷するのですが、
外見に難のある清見が多くて、選別には苦労します。
今期の清見は黒点が多いです。
黒点防除のジマンダイセンは、黒点病に弱い清見の場合、耐雨量が200~250㎜くらいと言われていて、
それ以上の雨が降ると、効果がなくなります。
昨年は耐雨量以上の雨が降っているのに、防除をしたくても雨が降るためできませんでした。
結局400㎜以上の降雨にさらされ、黒点が多くついてしまいました。


清見黒点1
清見黒点2
清見ヤケ
白い円の部分を「ヤケ」と呼んでいますが、ヤケがつくと、そこから腐敗しやすくなります。
軽微なヤケはそれほどでもないですが、大きなヤケだと、そこから腐敗していきます。

タイトルとURLをコピーしました