イノシシを捕獲!!  ’13-12-08

イノシシの箱罠を設置していましたが、
きょう、なんとイノシシが入っていました!!
それも3匹!!
親が1匹と子が2匹!!
人が近づくとイノシシは助走をつけてオリに突進して、迫力がありました。
オリを破られることはないと思いながらも、迫力があって怖かったです。
鉄筋のオリに勢いよく突進して、かわいそうに鼻に血がついていました。
知人の猟師さんに来てもらって、鉄砲で仕留めてもらいました。
弾は頭部に命中して、イノシシは横たわり、そのまま前脚を犬かきのように激しく動かしていました。未曾有の危機から逃れようと必死に走ろうとしているんでしょう。やがて動かなくなり、絶命しました。
子のイノシシは鉄砲ではなく、ナイフでとめ刺しをしてもらいました。ナイフというより、手製のヤリというのか。
イノシシの被害は甚大で、かわいそうと言っている場合ではありません。
ワヤクばっかりしやがって、コノヤロー、です。
親イノシシはメスでした。乳房があり、授乳しているせいか親イノシシは痩せていました。猟師さんによると、この時期に、こんな小さな子イノシシを連れているのは珍しいそうです。
解体してみたい気もあったのですが、やったことはないし、痩せていたので、3匹とも埋葬処理をしました。本当はきれいに食べてあげることが供養なんでしょうが。
解体といっても、魚をさばくのは抵抗がないですが、大型のほ乳類の解体はちょっと気色悪いですね。慣れたら、そうでもなくなるんでしょうが。
それに、イノシシの解体は、おとな数人がかりで何時間もかかるとか、労力的にも大変なようです。


イノシシ1
イノシシ2
イノシシ3
鉄筋のオリごしの撮影なので、それと直射日光下なので、ちょっと見づらいです。
イノシシ4
イノシシ5

タイトルとURLをコピーしました