敷設艦 むろと ’14-2-4

海上自衛隊の艦船、「ARC-483 むろと」です。
艦種は「敷設艦」で、海上自衛隊はこういう艦種も所有しているんですね。敷設艦は、むろと1隻だけらしいです。
Wikipediaより 「むろと (敷設艦・2代)」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%80%E3%82%8D%E3%81%A8_%28%E6%95%B7%E8%A8%AD%E8%89%A6%E3%83%BB2%E4%BB%A3%29
2代目「ARC-483 むろと」は先代「ARC-482 むろと」の老朽化に伴い後継艦として平成21年度に整備が計上される。ケーブル敷設装置や海洋調査に関わる各種水中機器を装備し、これらを円滑に運用するために船体にはバウスラスターとアジマススラスターが備えられている。また、船価を抑えるために船体は可能な限り商船構造とし、敷設艦として最低限度の能力を発揮できる程度に収まっている。この為、建造費は約284億円になっている[2][3]。なお、先代艦「ARC-482 むろと」は後継艦たる本艦の就役を待つこと無く2012年4月4日に退役している。
ステルス性能を意識しているわけでもないでしょうが、船形がのっぺりしていますね。
2013年3月就役ということで、まだ新しい船ですね。呉を母港としているようです。
これまで、これまでというかブログを始めるまで、沖合を航行する船を特に気に留めることもなかったのですが、ブログネタにでもと珍しそうな船が航行しているとデジカメで撮影しています。
そしてネットで調べると、船名や所属がわかったりして便利な時代になったもんだー、と思います。
この手の写真、記事を探している人もいて、私のブログで言えば、「PL71いわみ、PL72れぶん」の記事でブログを訪れる人が多いです。


むろと
むろと

タイトルとURLをコピーしました